• 業界初!製薬企業が直接、患者へ治験情報提供を可能にする 治験情報発信プラットフォーム「Puzz(パズ)」が本格始動 KVP筆頭に約5000万円のシードラウンド資金調達。

    患者向けに、治験情報インフラを展開している株式会社Buzzreach(本社:東京都目黒区目黒、代表取締役:猪川 崇輝)は、ITを活用した、連携パートナー企業からなる約250万人分の治験希望者データベースや、ヘルスケア系メディア、患者会などに同時アクセス可能な治験情報プラットフォーム「Puzz(パズ)」を2019年3月5日にリリースしたことをお知らせいたします。また、当サービスのさらなる発展を目的としてKLab Venture Partners株式会社を筆頭に、約5000万円のシードラウンドでの資金調達を実施したことをお知らせいたします。

    製薬企業/医療機関向け治験情報発信プラットフォーム「Puzz(パズ)」について
    Puzz(パズ)は治験情報を掲載し、一般コンシューマや治験情報を必要とする患者に向けて情報を発信し、参加申込みまでをすることができる製薬企業および医療機関向けの治験情報発信プラットフォームです。

    Puzz上では医療機関単位だけではなくプロジェクト単位で治験情報をご登録いただけるので、細かい設定や情報の展開が可能です。Puzzに治験試験情報を掲載することにより、被験者募集専業企業、ヘルスケア系メディアや企業、患者会などに対しても情報発信がPuzz一つで可能になります。Puzzの登録利用料は無料プラン、有料プランをお選びいただけるので、期間の異なる複数のプロジェクトにも対応しています。また、Puzzに掲載された治験情報は同じく当社の運営する一般コンシューマ向けオウンドメディアである『治験情報マッチングプラットフォームSmt(Search My Trial※β版)』にも掲載され、治験という新たな治療法を求める患者と治験情報をマッチング(募集)することも可能です。これにより、弊社が連携するパートナー企業からなる約250万人分の治験希望者データベースにアクセスができる上、治験における患者情報を一括で管理できるインフラが整備されます。新薬開発にかかる開発コストは膨大な金額となり、どの製薬企業も削減に対して課題を抱えています。既に約6か月間、Puzz(β版)で複数の製薬企業様に導入をしていただき、あるプロジェクトではトータル開発期間2か月間短縮、これにより4500万円ほどのコスト削減をすることができました。

    一般コンシューマ向け治験情報マッチングプラットフォームSmt(Search My Trial)について

    Smtは新しい治療法や治療薬の情報を求める患者や家族、一般コンシューマと、日本にある全ての臨床試験情報をウェブ上でマッチングするサービスです。ご自身やご家族の環境や状況に合った治験情報を調べることができるだけではなく、近隣で、どの医療機関が該当する治験を実施するのかを知ることができます。(※医療機関名はマスキングされエリア情報のみ表示)これにより、かかりつけ医院での治療だけではなく、「治験」という新たな選択肢を患者側は検討することができます。

    情報の流通性が低い「治験業界」
    新薬の効果を検証する「治験」は、新たな医薬品を作る際には必須のプロセスです。しかし、治験者を募集するサイトや媒体には限られた情報しかなく、『今、自分の病気に対する新たな解決方法が欲しい』ユーザー側にとってまだまだ満足できるものではなく、より良い治療法を求める患者が最新の情報を得ることが難しい現状を作り出しています。日本国内で実施される治験の数は年々増加しており、平成29年は693件の治験計画が届出されました(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 https://www.pmda.go.jp/review-services/trials/0014.html)。そのうち初回の治験となる初回治験計画届の数は136件に上り、年々多くの種類の医薬品が治験のフェーズに到達しているといえます。一方、治験情報へのアクセスは容易ではなく、現存する治療法では治療ができない患者や他の新たな治療法を求める患者が簡単に情報を得ることは難しいのが現状です。さらに、がんや認知症、精神疾患、小児疾患、稀少疾患、婦人科疾患などに対する新しい治療薬・治療法のニーズ(アンメットメディカルニーズ)に対応した薬の開発へと開発動向がシフトしています。このような現状を踏まえ、患者側と製薬企業や医療機関との間の情報格差をなくすため、まずは新薬の情報が必要な患者へ届けられる環境、そして薬の開発コストおよびスピードの改善に貢献するため、弊社は治験情報マッチングプラットフォームであるSmtおよびPuzzをリリース致しました。

    株式会社Buzzreach 代表取締役 猪川 崇輝からのコメント

    現状、大半がブラックボックスとなっている治験の情報を患者様に繋ぐことが開発スピードをあげ、開発コストの圧縮にも繋がり、何より患者様へ新たな選択肢と希望をお届けすることができます。そして、製薬企業の取り組む新薬開発状況の透明化を患者様に向けて実現化できます。日本で実施されている可能な限りの多く治験情報を、病気で悩む方々へ新たな選択肢としてお繋ぎするため、Puzzおよび Smt(SearchMyTrial)を提供し、より一般の方々がわかりやすく治験情報に触れていただけるよう努めていきます。治験の被験者募集を専門的に行う企業が複数ありますが、そのほとんどは多くの登録会員を抱えており、それらの登録会員は自身の悩む病気に対する治験を待っていますが、治験の情報の大半がオープンとなっていないため、これらの方々にも情報が行き届きません。反面、大半の治験は被験者不足が原因で遅延しています。このような矛盾を埋めるためにも我々のプラットフォームに登録された治験情報を様々な企業・メディア・団体へオープン化することで、多くの方々に治験情報が行き届くようにしていきます。これからのさらなる日本におけるヘルスケア発展には治験は必要不可欠な存在となります。治験に参加いただく患者様はその疾患の代表者の方々です。治験に参加していない患者様でも同じ悩みを持つ方はその何十倍、何百倍と存在します。我々はより多くの方が治験のことを知るきっかけを作り、治験をきっかけに様々なヘルスケア情報のマッチングに関わり、みなさまの健康に少しでも寄与できれば幸いです。

    資金調達について

    2018年12月にはKLab Venture Partners株式会社を筆頭に、第三者割当増資により約5000万円の資金調達を行いました。今回の資金調達により、今回リリースしたPuzzやSmtのサービス拡充だけではなく、ITを活用した現状よりもより良い環境を求めている患者にフォーカスをした、その他サービスにも注力してまいります。

    今後の事業展開について

    より良い治療の選択肢が患者の皆様に提供できるよう、弊社は治験の情報提供をきっかけとして、患者毎に最適な情報を届けるサービスを展開してまいります。2019年春には治験担当者と参加患者を繋ぎ、様々な問題を解決する患者管理アプリをリリースし、「治験」をベースに製薬企業と患者がつながるコミュニティの創出をスタートさせる予定です。

  • 日本の新薬開発における現状と課題

    治験(臨床試験)は、新薬を医療の現場へ送り出すために、必要な重要なステップです。
    そのためには、人で安全性と有効性を確かめる必要があり、ボランティアを募集し、同意を得て治験薬(薬の候補)を試してもらい、データを収集、最終的に厚生労働省の承認を獲得するという手順が必要となります。

    その中で、私たちBuzzreachは、治験における被験者確保の課題を解決するため、主に患者筆頭に一般の方への臨床試験情報オープン化/インターネットを用いた検索性の向上化をメインとしてサービスを提供しています。

    1.我々がサービス展開する、『患者目線』の臨床試験マーケットの課題と現状
    2.臨床試験で患者に関わるマーケットは、多くの医療機関/患者と接触
    3.臨床試験被験者募集に関わるマーケットの現状
    4.医療機関でも治験被験者募集ができる時代
    5.もっと治験(臨床試験)を身近に
    6.お問い合わせ

    我々がサービス展開する、『患者目線』の臨床試験マーケットの課題と現状
    臨床試験のマーケットには、課題が多くあります。

    治験を含む臨床試験のイメージは、まだまだ一般の方にはグレーである。
    日本では多くの医療機関で臨床試験が行われているのに、情報公開量が極めて少ない。
    患者やその家族、健康を気にする人が臨床試験をどう探せばいいか、どう参加するか、インターネットを含めてスタンダードな手段がない。
    上記の課題も原因となり、日本の臨床試験は決められた期間に終えられないものが60%以上ある。
    決められた期間に臨床試験が終えなければ、メーカーの開発コストは上がり、新薬承認も遅くなる。

    私たちはこれらの5つの課題を、臨床試験情報のオープン化をテーマにしたサービスで解決することを目的としています。

    臨床試験で患者に関わるマーケットは、多くの医療機関/患者と接触
    日本の臨床試験には多くの治験実施医療機関と患者が関わっています。

    SMOが関与するしないに関わらず、1年間で日本で動く延べ治験実施医療機関数は、約20,000〜30,000
    製薬企業が上記治験実施医療機関と契約し、達成する1年間の治験契約症例数は、約100,000症例
    上記の治験実施医療機関で、治験に参加するために患者に同意を取る数は、約240,000名
    上記の治験実施医療機関で、実際に治験に参加をしている患者の数は約70,000症例

    これだけ多くの治験実施医療機関や患者が関わりあう中、スムーズに情報公開・情報共有・情報検索が行える環境日本の臨床試験マーケットには整っていません。

    さらに被験者募集のマーケットを見てみましょう。

    臨床試験被験者募集に関わるマーケットの現状
    日本の臨床試験被験者募集の市場はおよそ40億円です。
    これは、被験者募集専門機関(PRO)8社の総売り上げ規模です。

    これら8社が年間で募集する疾患フェーズの募集総数(投薬)は、およそ6,000例です。

    PRO(Patient Recruitment Organization:臨床試験被験者募集機関)は製薬業界からも認知されてきている反面、プロジェクト単位でスポンサーから受注した臨床試験のみ、各社で保有するボランティアデータベースに対して被験者募集活動を行います。
    そのため、多くの患者に対する臨床試験のイメージ払拭含め、全ての領域の患者に対して臨床試験情報を届けられていないことの方が多く、日本全体の臨床試験促進化には残念ながら至っていないのが現状です。

    私たちBuzzreachは、ここをターゲットとし、ソリューションを提供します。

    医療機関でも治験被験者募集ができる時代
    臨床試験(治験)はよりよい医薬品を患者に届けるために、必要なステップです。
    しかし、イメージがまだまだ悪いのも事実です。
    これを変えるために、全ての悩んでいる患者や家族と治験実施医療機関とを繋ぐ環境(プラットフォーム)を用意し、治験という新たな治療の選択肢があるということを啓発していく必要があります。
    治験に携わる全ての医療機関(20,000〜30,000)が少しづつ啓発を行えば、治験に対するイメージも良くなり、結果的に日本の臨床開発の質の向上、スピードアップ、コストダウンに繋がっていきます。

    そこで、私たちが提供することは4つです。

    Patient:患者やその家族は我々が提供する臨床試験マッチングプラットームで悩んでいる病気や症状を『検索』。
    Site:臨床試験実施医療機関(またはSMO)は医療機関専用のプラットフォームに自院で実施している治験情報を『POST』。
    Answer:我々のプラットフォーム上で患者と医療機関を『マッチング』。
    Sponsor:スポンサーにはさまざまな被験者募集戦略をひとつのプラットフォームで提供。

    もっと治験(臨床試験)を身近に
    私たちは治験をもっと身近なものにしていきたいという思いから、患者と医療機関が相互にやり取りできるSearchMyTrial(SMT)とPuzzというマッチングプラットフォームを用意しました。

    多くの旅行を考えている人は、フライトやホテルを探す際、最適なフライト情報や知らない国のホテル情報を提供してくれるエクスペディアを利用します。
    同様に我々は、治療法や症状で悩んでる人が、私たちのプラットフォーム上で最適な治療の可能性を探せるよう、臨床試験情報を提供します。

    臨床試験の情報は、日本で実施されている全ての臨床試験を患者へ提供出来るよう、主に一般公開されているJAPIC、JMACCT、臨床試験登録システム、ClinicalTrials.gov、UMINより自動的に収集、さらに各治験実施医療機関からポストされた情報も提供することができます。患者やその家族が検索しやすく、なるべく多くの臨床試験情報を提供し、少しでも臨床試験のことを分かり易くするためにフォローをします。

    私たちが提供するサービスは、患者が悩んでいる病気を知ることができ、その上で治験という選択肢があることを知っていただける、患者と医療機関をマッチングする日本で初めてのプラットフォームです。

    お問い合わせ
    お問合せは下記のフォームにてお申し出ください。お問合せの対応は9:30~18:30(月~金)の間とさせていただきます。 内容によっては、時間がかかる場合がありますので予めご了承ください。